前立腺オナニーの仕方や方法について

アナニーをする際の初期段階ですが、最初はお尻に指を挿れてほぐしながら穴を拡張していくことをします。

 

この行為を行うことで、後からお尻の穴の中で幾らでも器具や指をコントロール出来るようになるので、しっかりとほぐしてあげるのは大変重要です。

 

アヌスというのは、ペニスや乳首のように性感帯なので、気持ち良さを感じるのは変なことでは無いのです。

 

挿入をしたら睾丸の付け根を狙って指を曲げた所にあるのが”前立腺”です。

 

聞いたことのある方は多いと思いますが、アナニーにおいて一番性感を得やすい醍醐味的なポイントです。

 

ですから、このポイントを早く見つけ、そして気持ち良さを得られるようになるとアナニーも楽しくなってきます。

 

はじめのうちは、前立腺を触っていても、快楽よりも違和感の方を観じてしまうかもしれませんが、快楽を感じられるようになるまでいじり続けることがポイントです。

 

なかなか快楽を得られないという人も中にはいますが、諦めずに触り続けてみましょう。

 

但し、今日気持ち良くなれなかったらまた今度と言う軽い気持ちでOKです。

 

 

アナルが気持ち良くなってきたらステップアップ

 

 

そして、感じられるようになったら、小刻みに震わせたり、マッサージするように押したり、トントントンと叩いたりしてみましょう。

 

それぞれで違った快楽を得られると思います。

 

快楽には個人差があるので、自分に合った方法を見つけ出して行きましょう。

 

更に肛門括約筋の筋力を利用し、アヌスを緩めたり締めたりすることで、また違った気持ち良さを体感出来ると思います。

 

体勢を変えたり、乳首やペニスなどの他の性器をいじってみてもおもしろいですよ。

 

特に乳首はアヌスと関連性が深い性感帯なので、アナニーをする際、片方の指で乳首を弄りながら利き腕でアヌスを刺激すると言う方は多いです。

 

位置一つ、入れ方一つ、そして他の性感帯との連携一つで感じ方は全く異なります。

 

そのうち、自分に最適な体勢、指の出し入れの仕方等は発見できると思います。

 

ここまで出来るようになれば、どんどん開発して行ける準備段階が整ったと言っても良いでしょう。

 

アナルに器具を入れたり、1本の指を、2本、3本と増やしていきます。

 

ただ、ここで痛みを感じたら、”まだ開発が足りない”と思いましょう。

 

あらゆるステップにおいて、アヌスは出来上がって行くのが遅いのです。

 

ただ、アヌスのエキスパートは、皆こう言った段階を経ているという事を忘れないで下さい。

 

落ち着いて、無理そうなら中断。

 

それを繰り返していくうちに自然とあなたの世界は広がっていっているのです。

関連ページ

ドライオーガズムを手っ取り早く体験する方法ってある?
ドライオーガズムを手っ取り早く体験する方法を紹介しています。男性の方でドライオーガズムを目指している方や、アナルオナニー、アナニーなどの前立腺オナニーによる、前立腺刺激で気持ち良くなりたい人におススメです。前立腺グッズの中でも最強のアナルバイブなど。
ドライオーガズムは誰でも体験、経験できるの?
ドライオーガズムは誰でも体験できるのかという疑問について紹介しています。男性の方でドライオーガズムを目指している方や、アナルオナニー、アナニーなどの前立腺オナニーによる、前立腺刺激で気持ち良くなりたい人におススメです。前立腺グッズの中でも最強のアナルバイブなど。
トコロテンオナニーについて
トコロテンオナニーについて紹介しています。男性の方でドライオーガズムを目指している方や、アナルオナニー、アナニーなどの前立腺オナニーによる、前立腺刺激で気持ち良くなりたい人におススメです。前立腺グッズの中でも最強のアナルバイブなど。
前立腺刺激でドライを目指すのに最適なアナルバイブ
前立腺刺激でドライを目指すのに最適なアナルバイブを紹介しています。男性の方でドライオーガズムを目指している方や、アナルオナニー、アナニーなどの前立腺オナニーによる、前立腺刺激で気持ち良くなりたい人におススメです。前立腺グッズの中でも最強のアナルバイブなど。